KFピエゾ

限りない可能性を秘めた素材 KFピエゾ

< KFピエゾ>は株式会社クレハが世界で始めて工業化に成功した高分子強誘電材料です。水晶や強誘電体セラミックスに比べ樹脂フィルムである<KFピエゾ>は柔軟性で加工性が良く、センサー材料やスピーカー材料として応用されています。

クレハの高機能材製品

KFピエゾの特長

KFポリマーをフィルム化して、引き伸ばし、高電圧をかけてつくられている<KFピエゾ>。
フィルムそのものの分子構造に顕著な圧電・焦電性を示すユニークな材料です。
力やゆがみ、熱を加えると電気を発生するという特性は、各種センサーにいかされています。JAXAの宇宙帆船「イカロス」のスペースダストセンサーにも搭載されました。

KFピエゾ使用例

  • センサー:楽器用ピックアップ、圧力センサー、加速度センサー
  • スピーカー
  • 超音波ディテクター・プロ―プ
圧力センサー
圧力センサー
ピエゾセンサー
ピエゾセンサー
スピーカー
スピーカー

圧電性のしくみ

ピエゾフィルム:PVDF一軸延伸分極フィルム
PVDF高分子圧電体について:ピエゾフィルムにプラスになったりマイナスになったりする電圧をかけるとピエゾフィルムは伸びたり縮んだりします。この時にピエゾフィルムが少し曲がっていると、空気を押したり引いたりします。すると空気は振動して音になって、聞こえるようになります。

お問い合わせ先

フッ素製品部
TEL:03-3249-4724 / FAX:03-3249-4612