CSR理念体系・システム

CSRの理解を深め、これを経営や事業戦略に統合することは、中長期的な企業の価値向上や競争力の強化に有効であると同時に、持続的な社会の発展に貢献すると考えています。企業理念、CSR基本方針に基づき、中期経営計画における重点目標である“CSR経営の推進”、“経営基盤の強化”を確実に進めていきます。

クレハグループ基本方針

私たちは、グローバルな事業活動や社会活動、レスポンシブル・ケア活動において、「社員の行動基準」をしっかり遵守し、「企業理念」を実践し、エクセレント・カンパニーを目指し挑戦し続けます。

クレハグループCSR理念体系

化学産業を中心とする当社グループのCSR理念体系は、行動基準・ガバナンス・コンプライアンスと人財育成・技術開発をベースに、「社会」「レスポンシブル・ケア(RC)」「経済」活動を3つの柱としています。
ステークホルダーの皆様との対話を継続しながら、これらの活動を通して社会的課題の解決を図り、企業理念を実践することで、持続可能な社会の実現にグループ全体で貢献していきます。

クレハグループCSR理念体系図

CSR推進のシステム

当社のCSRは、企業理念体系、CSR基本方針およびCSR理念体系に基づいて推進しています。
CSR推進体制としては、下記が組織され、密接に連携しながら全社で取り組んでいます。

  • 方針や計画の審議・承認を行うCSR委員会(代表取締役直轄)
  • 具体的な活動計画の立案と実行を担うCSR推進会議
  • 活動全般の事務局としてのCSR推進本部

CSRの社内浸透と情報開示・対話

経営層社内シンポジウム

CSRの理解を深める活動にも力を入れています。
経営層社内シンポジウムやCSR説明会を実施し、CSRレポート、KUREHA CSR PRESS(CSRトピックに特化した社内情報誌)などの各種媒体も有効活用して社内浸透を行っています。
また、ステークホルダーの皆様へ情報を開示し、 CSR地域対話集会やCSRレポートなどさまざまな機会を通して対話を継続します。また、皆様からのコメント、ご意見を取り組みに活かしていきます。