レスポンシブル・ケアの実施

当社は、日本レスポンシブル・ケア協議会(JRCC)にその創設時から参加し、「化学物質の開発から生産・流通・廃棄に至る全ライフサイクルにわたって環境および人々の安全を確保する企業の自主活動」、すなわちレスポンシブル・ケア(RC)活動の実施を1995年4月社会に向けて宣言しました。

レスポンシブル・ケア実施宣言

当社および当社グループ各社は、地球環境の保全、人の安全と健康の確保は企業活動の根幹と考え、企業の社会的責任であるとの認識の下に、レスポンシブル・ケアの実施を宣言します。
当社および当社のグループ各社は、次の「レスポンシブル・ケア方針」の下に、実施計画を策定し実行していきます。 この方針は、当社および当社のグループ各社の全てに共通に適用されるものです。
1995年4月20日
2002年7月1日・・・一部改訂
2005年10月1日・・・一部改訂

レスポンシブル・ケア方針

クレハでは以下の方針のもと、レスポンシブル・ケア活動を行っていきます。

レスポンシブル・ケア方針

国際規則や法令を守ります
私達は、保安防災、労働安全衛生、製品安全および地域生活環境を含む全地球的な環境の保全について、国際規則や国内の法令を守るとともに、日本化学工業協会が推進するレスポンシブル・ケア活動に積極的に参画します。
地球環境に配慮し、安全な操業をします
私達は、事業活動において地球環境の保全に配慮し、操業においては従業員や市民の安全と健康を守り、事故、災害、公害を起こさないよう努力します。
安全な製品を社会に提供します
私達は、社会の要求を素早く的確に把握し、製品作りに生かし、お客様が安心して使用でき、信頼していただける製品とサービスを提供していきます。 また、私達は、製品の研究・開発から生産・販売を経て廃棄に至るまでの全ライフサイクルにわたり、安全性、信頼性、環境への影響について配慮した製品とサービスを社会に提供します。
環境・安全の情報を管理し、役立てます
私達は、製品の正しい取り扱いや処理方法、環境、保安、防災に関する適切な情報を集中管理し、消費者、ユーザーおよび製品納入に関連する企業等に提供します。
社会とのより良い関係を築きます
私達は、行政当局や市民の関心に留意し、環境・安全情報を提供して社会に対して正確な広報活動を行い、また、市民社会の活動へも市民として積極的に参加し、社会とのより良い関係の維持と構築に努めます。

レスポンシブル・ケア取り組み体制

クレハグループのRC活動は、社長直轄のCSR委員会を中心に推進しています。その委員長および委員は、社長から任命されます。CSR委員会のもとには特定の課題について対応策を立案する委員会が置かれています。
また、クレハグループ各社のRC活動を適切に推進するため、当社およびRC宣言したグループ各社で構成するクレハグループRC協議会が設置されています。協議会のもとに、環境保全/エネルギー管理、保安防災/労働安全衛生、製品安全・品質保証/物流安全および地域との共生の4つの分科会が置かれ、クレハグループのRCの活動状況や課題について情報交換等を行っています。

クレハグループRC協議会