株主・投資家に対する取り組み

ステークホルダーに対して適時・適切な情報開示や各種説明会などを行っています。

情報開示の考え方

当社は、「情報開示基本方針」に基づき、社会から信頼される企業を目指し情報開示を行うことを基本におき、関係法令や証券取引所の定める「適時開示規則」等に則って、適時・適切に情報開示を行います。また、法令・規則等によらずステークホルダーに有用な情報と判断した場合においても、適時・適切に情報開示を行います。
公平かつ継続的に情報を開示していくことが、経営の透明性とステークホルダーからの信頼を高めることにつながるものと考えています。

株主とのコミュニケーション

株主とのコミュニケーション

当社は、定時株主総会を毎年6月下旬に開催しています。招集通知の発送を6月初旬に行い、株主の皆様の議案の検討に必要な時間を確保しています。議決権行使にあたっては、インターネットによる行使の選択も可能としています。株主総会では、映像の活用といった工夫をするとともに、ご質問に対しては率直かつ丁寧な説明に努めています。
また、半期に一度、当社の決算概要やトピックスなどをまとめた「クレハレポート」を株主の皆様にお届けし、当社現況への理解促進を図っています。

投資家・アナリストとのコミュニケーション

決算説明会の様子
決算説明会の様子

機関投資家や証券アナリストを対象として、中期的な経営戦略や決算に関する説明会を定期的に開催しています。中期経営計画に基づく成長シナリオ、決算や将来の見通しなどについて説明するとともに、投資家からの質問に答えています。 
当社への理解をより深めていただくために、国内外の投資家との個別取材に対応するなど、積極的な対話に取り組んでいます。また、個人投資家の皆様に当社の魅力を広く知っていただくための説明会も定期的に実施しております。 
さらに、株主や投資家の皆様の情報入手と理解をサポートできるよう、当社ウェブサイトのコンテンツの充実を図るとともに、サイト内にメールによる「IRお問い合わせ」窓口も設置しています。