お取引先に対する取り組み

当社は以下の購買基本方針と調達基準に基づいてCSR活動に取り組んでいます。

購買業務について

当社購買部門はCSRの取り組みの一環として以下の方針に基づいて購買業務を遂行します。

購買基本方針

  1. 取引先の選定に際しては、品質、価格、供給安定性、アフターサービス、技術力を総合的に判断し、公正に経済合理性に基づいて行います
  2. 取引先の選定にあたり、既存の取引先や過去の実績にとらわれず、広く窓口を開放します
  3. 購買取引において、関連する法令を遵守します
  4. 取引先と対等で公正な協力関係を築き、相互の理解と信頼関係の向上を目指します
  5. 取引先と連携し購買品の品質の維持・向上に努めます
  6. 環境保護に配慮した購買活動を行います

調達基準

当社は以下のCSR調達基準を満たす取引先との連携により、CSRへの取組みをサプライチェーン全体で推進し企業価値向上を目指します。

(1) 人権・労働
  • 基本的人権を尊重する
  • 従業員の処遇・雇用等で、不当な差別を行わない
(2) 安全衛生
  • 危険・有害要因を特定し適切な対策を取る
  • 緊急時の対応策を策定し、周知徹底を図る
(3) 環境
  • 環境負荷の少ない原材料・部品の使用に努める
  • 指定された化学物質の適切な管理を行う
  • 産業廃棄物の処理を適切に行う
(4) 公正取引
  • 不適切な利益の供与や受領を行わない
  • 優位的地位を濫用し不利益を与える行為をしない
  • 製品・サービス・取引方法に関する正確な情報を提供する
  • 事業活動に適用される法令・社会規範・社内規定を遵守する
(5) 品質・安全性
  • 品質マネジメントシステムを構築し運用する
(6) 情報セキュリティ
  • 機密情報や個人情報を適切に管理する
(7) 社会貢献
  • 国際社会・地域社会の発展に貢献できる活動を行う

主な取り組み

グリーン調達ガイドライン
グリーン調達ガイドライン

当社は、環境保全活動を重要な課題の一つとして位置付け、レスポンシブル・ケア活動に取り込んで活動しております。グリーン調達という観点にたち、より安全で環境負荷の低い製品・原材料の使用を進めるため、当社の定める「グリーン調達ガイドライン」に基づき、原材料の調査を行っております。

紛争鉱物に関する方針

当社および当社グループ各社は、コンゴ紛争鉱物問題(注)を人権にかかわる重要な課題と認識し、コンゴ民主共和国およびその周辺国の非人道的武装勢力に関わる紛争鉱物(金、タンタル、タングステン、錫)およびこれらの鉱物を含む原料を使用しません。また、お取引先様と連携し、サプライチェーンにおける調査を実施し、グローバルに企業の社会的責任を果たします。

  • (注)国連は、コンゴ民主共和国およびその周辺国で産出する鉱物が非人道的武装勢力の資金源になっている懸念があると指摘し、2009年に制裁を決めました。米国では、2010年7月に金融規制改革法案が成立し、米国証券取引委員会に登録している米国上場企業に対し、紛争鉱物の使用に関する調査、情報公開および報告を義務付けています。