従業員に対する取り組み

従業員に対する人事制度、育成のための教育制度を活用し、働きやすい環境づくりに努め、「社員へのコミットメント」として成文化しています。

社員へのコミットメント

「企業理念」の実現のために、「社員の行動基準」に基づいて、会社から社員に対する約束を「社員へのコミットメント」として成文化しています。
下記は、会社から社員への「コミットメント」であると同時に自分自身が会社の一翼を担うという自覚の下に責任ある行動をとる、という自分自身への「コミットメント」でもあると考えています。

社員へのコミットメント

  1. 社員の先頭に立って行動します。
  2. 変革を恐れず新しい可能性に取り組みます。
  3. 社員一人一人を尊重します。
    そのためには
    • 情報の共有化を図り、経営方針を明確に打ち出します。
    • 公正で透明性のある評価を実施します。
    • 個人の能力を最大限に発揮する機会を提供します。

人事制度

従業員が活き活きと働き、挑戦が報いられ、成長が実感できるよう、人財開発やワークライフバランスの充実に向けた制度の構築や職場環境の改善に取り組んでいます。

人財育成

当社では、将来の経営幹部、グローバル人財および若手社員の育成など、「期待される役割と職務を確実に遂行できる人財」の育成を加速するため、2015年度から人財開発3カ年計画をスタートしました。職場でのOJTと体系的なOFF-JTプログラムの実施により、従業員一人ひとりが成長を実感し、挑戦する意欲を持って活き活きと活躍できるよう、さまざまな施策を積極的に進めています。
また、ものづくりの技術立社として当社が成長し続けるために、2017年度からは技術系人財育成委員会を立ち上げ、技術系人財の育成を推進していきます。

人財開発体系図
*1 OJT:日常業務を通じた従業員教育(On the Job Training)
*2 OFF-JT:日常業務を離れて行う研修などを通じた従業員教育(Off the Job Training)
*3 メンター:新入社員に1名に対して先輩社員1名を任命。仕事の指導にとどまらず、新入社員の良き相談相手となり、助言を与える役割を担う。
*4 MOT:技術経営(Management of Technology)
*5 S職系転換:一般職から、総合職への職系転換

新入社員導入教育

新入社員導入教育協歩研修

本教育は、新入社員がクレハグループの発展に向けて活躍し、社会に貢献できる人財へと成長するための土台作りと位置付けています。
社会人が守らなければならないルール・マナーを始めとして、仕事をする上で欠かせない論理思考やチームワークを習得する機会、当社社員として知っておくべき様々な知識を学ぶ機会を設けています。

論文審査制度

優秀論文発表会(技術・研究・製造職系)

当社では1959年より若手技術者を対象に論文審査制度を導入しています。本制度を通じて、多くの技術者が成長し、クレハの技術力向上に貢献してきました。2016年度からは上司の指導力や社員の論理的思考力強化を目的に、事務・営業職系へも対象を拡大し実施しています。

ワーク・ライフ・バランスの推進

従業員が仕事と家庭や地域社会などの仕事以外の生活と調和を保ちながら、活き活きと働けるような各種制度を導入しています。

柔軟な働き方

柔軟で生産性の高い働き方ができるよう、フレックスタイム制度や半日単位および時間単位の年次有給休暇制度を導入しています。

育児・介護関連

当社は、従業員がその能力を十分に発揮できるようにするための環境づくりに取り組んでおり、育児休業、介護休業、短時間勤務など育児・介護の状況に応じて利用しやすい環境を整えています。
2011年に厚生労働省東京労働局より「次世代育成支援対策推進法」に基づく「基準適合一般事業主」として認定され、次世代認定マーク「くるみん」を取得しました。

主な制度概要
フレックスタイム制度:フレキシブルタイム8時から20時、コアタイム10時30分から15時30分。
年次有給休暇制度:1日、半日、時間単位で年次有給休暇を取得可能。
時間単位で取得する場合は、1年に3日分まで取得可能。

心と体の健康管理

ラジオ体操出張ポイントレッスン

メンタルヘルスセミナーを開催し、メンタルヘルス不調の未然防止への取り組みを行っています。
険組合主催のウォーキングや外部から講師を招いたラジオ体操出張ポイントレッスンなど適度な運動となる企画を実施し、健康増進活動に取り組んでいます。

ダイバーシティの推進

従業員が能力を最大限発揮できるよう支援を行うとともに、女性の活躍推進、障がい者雇用の促進に取り組んでいます。

女性活躍推進法に基づく行動計画

2016年4月1日から女性の活躍推進に向けた行動計画の策定が義務付けられましたが、当社は、次の3つの目標を行動計画として掲げています。

<計画期間>2016年4月11日~2019年3月31日

  • 目標1:計画期間内に育児休業の取得状況を、男性は毎年取得者数を2名以上、女性は取得率を90%以上とする。
  • 目標2:計画期間内に全ての雇用管理区分、性別において有給休暇取得率を70%以上とする。
  • 目標3:年間の月平均残業時間が45時間を超過している者の人数を0人とする。

障がい者雇用

当社は2014年に障がい者雇用特例子会社“さんしゃいんクレハ”を設立し、障がい者の自立と社会参加の後押しに取り組んでいます。

  2015年 2016年 2017年
当社の雇用率 2.29% 2.45% 2.28%
法定雇用率 2.00%