研究開発戦略

どこにもない材料を創出し、技術と開発力で市場を切り拓いていきます。

世の中にない価値をデザインし続けるクレハDNA

研究開発方針

クレハは、「どこにもなければ、創ればいい“ナケレバ、ツクレバ”」の開発精神のもと、創業以来培ってきた“知識と経験”を結集させ、次世代の価値をデザインする研究開発を推進しています。

クレハは、既存事業の支援はもとより、コア技術である「有機合成技術」「高分子技術」「炭素制御技術」「評価技術」「プロセスエンジニアリング技術」を最大限に活用し、将来の社会を見据えたうえで、今後の研究開発の重点領域と位置付けている「環境」「エネルギー」「ライフサイエンス」「食料」など他技術との融合による 現有技術の他用途への展開や強みを持つ市場での新たな商品の創出といった「既存事業からの“滲み出し”強化」 新技術領域の開拓促進 を積極的に進めています。

現在と未来の技術・価値を結び付けるクレハ

研究開発戦略

研究戦略、事業戦略、知的財産戦略が三位一体となり、 将来の顧客価値探索による、「ビジネスモデルの明確化(コンセプトデザイン)」 研究開発推進への取り組みによる「研究テーマの多産化」 外部リソースの活用による、「オープンイノベーション推進」 を強化することで、研究開発の効率化・スピードアップを図ります。

探索研究の推進

研究開発推進への取り組み

クレハが常に変革を行い価値ある商品を創出し続けるために、事業性のある新たなテーマの創出を目指して、研究開発本部の活性化を図るための取り組みを進めています。

社内論文審査制度

研究成果の「発表」や「提案」を共有化することで、
自己実現の場を提供

研究成果の「発表・提案・審査」の過程で自己実現する場として、クレハの文化になっており、挑戦する風土を構築しています。 既存事業を継続的に発展させ続けた論文は、先人たちの経験と知識を吸収できるよき参考書となり、研究開発促進の一助となっています。

Born Egg Trial

“研究員のひらめき”を行動に変える

研究テーマを多産し、多くの新たな知見を得ること、また得られた知見を次のテーマ探索に生かす。そのサイクルを回す過程で新規の研究テーマを継続的に生み出す取り組みを行っています。

研究交流会

技術融合・人脈醸成の機会を提供

研究開発本部の技術や取り組みを社内・グループ会社内で共有化し、技術や情報の交流を促進することで、研究開発を加速します。

海外留学制度

グローバルな広い視野と豊かな知識を吸収する機会を提供

グローバルな視野を意識したクレハの未来を支える開発中の新規事業をはじめすべての事業の発展に大きく貢献しています。

創造的思考法の導入

アイデア発想からイノベーティブ思考へ

専門性を持った人財が創造的思考という共通言語を使い、各自の専門分野を進化させるツールとして活用します。