ニュースリリース

2018年08月22日

フッ化ビニリデン樹脂(PVDF)増強設備の竣工式を開催

株式会社クレハ(本社:東京都中央区、社長:小林 豊)は、本日いわき事業所(福島県いわき市)において、フッ化ビニリデン樹脂*(以下、「PVDF」)増強設備の竣工式を開催しましたのでお知らせいたします。
当社グループは、現在PVDFの製造設備として、当社いわき事業所に4,000トン/年、呉羽(常熟)フッ素材料有限公司(中華人民共和国江蘇省常熟市)に5,000トン/年の設備を有しておりますが、今回の2,000トン/年の増強により合計11,000トン/年の能力を持つこととなりました。
今後の世界的な自動車電動化に伴うリチウムイオン二次電池(以下、「LiB」)市場の拡大により、バインダー**として使用されるPVDFの需要は大きく増加するものと見込まれます。当社グループではLiB用バインダー市場でトップクラスのシェアを有していますが、今後も高品質な製品を安定的に供給できる体制を継続的に整え、拡大する需要に対応してまいります。

* フッ化ビニリデン樹脂  PVDF:Polyvinylidene fluoride
** バインダー       正極材をアルミ箔に、負極材を銅箔に塗布するときに使用する接着剤。


【PVDF増強設備の概要】
●増設規模   2,000トン/年
●投資額    47億円
●試生産開始  2018年9月
●商業生産開始 2019年1月