コンプライアンス

当社およびグループ各社の経営層・従業員は、企業活動のあらゆる場面において、国内外の関係法令を遵守するとともに、社会的規範に則った活動を実践します。

クレハグループ倫理憲章

クレハグループ倫理憲章

私達は、次の9原則に基づき、国内外の法律、社会的規範及びその精神を遵守するとともに社会的良識をもって行動します。
経営トップは、この「倫理憲章」の精神の実現が自らの役割であると認識し、その周知徹底を行うとともに、これに反する事態が発生したときは、自ら問題解決、原因究明、再発防止に努め、社会への適時、適切な情報公開を行い、自らも含めて厳正な処置を行います。
また、社員一人一人は日常の生活において自主的、積極的にこれらの精神を実現します。

  1. 私達は、社会のニーズに応える社会的に有用で安全な製品、サービスを開発・提供します。
  2. 私達は、企業活動に関わるすべての人々の人権を尊重します。
  3. 私達は、地球環境の保護、人の安全と健康の確保に自主的かつ積極的に取り組みます。
  4. 私達は、広く社会との対話を大切にし、正確で有用な企業情報を適時、適切に提供します。
  5. 私達は、地域社会を尊重し、その発展に積極的に貢献します。
  6. 私達は、競争法規を遵守し、公正で自由な競争を行います。
  7. 私達は、政治、行政と透明で健全な関係を保ちます。
  8. 私達は、社会的良識を備えた善良な企業市民(コーポレート・シチズン)として行動します。
  9. 私達は、一人一人が互いの人格、個性を尊重し、ゆとりと豊かさを実現できる企業をつくります。

コンプライアンス体制

当社グループの経営層・従業員の行動規範として「クレハグループ倫理憲章」を定めました。取締役が委員長を務めるコンプライアンス委員会が、従業員一人ひとりにコンプライアンス重視の意識が浸透するように、コンプライアンス行動基準を掲載した「コンプライアンス・ハンドブック」による研修などの教育を実施しています。社長直轄の内部監査部は、内部監査においてコンプライアンスを含む内部管理態勢などの適切性や有効性を評価、検証しています。

コンプライアンス体制

コンプライアンス教育・啓発のための取り組み

  • コンプライアンス意識調査の実施(グループ会社含む)
  • 新入社員導入教育
  • 幹部社員昇進者集合研修
  • eラーニング(幹部社員昇進者・新入社員)
  • クレハとグループ会社の教育や事案対応についての情報交換会
  • 安全保障貿易管理に関する内部監査
  • 独占禁止、個人情報保護等に関するレビューなど
  • コンプライアンス行動基準解説書の改訂
  • 「クレハグループ倫理憲章」の改定(2020年度、人権方針の明文化)

内部通報制度

従業員がコンプライアンスに関して問題のある行為を知ったとき、疑義を生じたとき、判断に迷うときに報告や相談をするための相談窓口(ホットライン)を設けています。なお、ホットラインに報告や相談をしたことを理由に、相談者に対して不利益な取り扱いをすることは、規程で禁止しています。
また、ホットラインの利用を促進するため、弁護士が対応する社外相談窓口や、女性相談員が対応するハラスメント専用窓口を設置しています。加えて、自主申告をした相談者等の処分を減免する社内リニエンシー制度も導入しています。

  2018年度 2019年度 2020年度
通報件数実績* 5 2 10
  • * 国内グループ会社含む