ダイバーシティの推進

ダイバーシティの推進

女性活躍推進法に基づく行動計画

当社は、従業員一人ひとりが、それぞれの持ち味を活かし、能力を十分に発揮できるように、仕事と生活の調和を図り、働きやすく、働きがいのある、雇用環境の整備を行うため、次のとおり行動計画を策定しています。

<計画期間>2021年4月1日~2024年3月31日(3年間)

  • 目標1:総合職採用者に占める女性の割合を20%以上とする。
  • 目標2:自律的なキャリア形成の支援として、自己啓発のプログラムを拡充する。
  • 目標3:仕事と育児・介護などと両立する従業員が、キャリアの構築や継続的な成長、新たな挑戦を可能とする環境づくりに取り組む。
  • 目標4:全ての雇用管理区分、性別において、年次有給休暇の付与日数に対して、取得率を70%以上とする。
  • 目標5:年間の月平均時間外勤務時間が45時間を超過している者の人数を0人とする。

輝きアップ研修

女性従業員の能力を引き出し、さらなる活躍を支援することを目的として、“ありたい姿に向かって、自分らしい生き方・働き方で活き活きはたらく!”をテーマに掲げ、2017年度に輝きアップ研修を導入しました。自己の強みの再認識、価値観の共有、コミュニケーションスキル、世の中の変化、キャリアデザインなどについて、グループワーク形式で実施しています。上司は研修前後の対話により受講者と目標を共有し、受講者の新たな挑戦を応援しています。

障がい者雇用の推進

当社は2014年に特例子会社さんしゃいんクレハを設立し、障がい者の自立と社会参加への協力に取り組んでいます。

2018年度 2019年度 2020年度
当社の雇用率(%) 2.36 2.24 2.38
法定雇用率(%) 2.20 2.30

シニア人財の活躍推進

当社では、60歳以上のシニア人財が豊富なキャリアを活かせるよう、継続雇用制度を運用しています。2020年度は定年退職者30名のうち27名の継続雇用を行い、2021年3月末時点で154名のシニア人財が活躍しています。また、2021年10月からの新人事制度は、さらに活躍を促進するための制度となり、定年年齢を65歳へ段階的に引き上げます。

シニアセミナー

知識・経験・スキルの豊富なシニア層のさらなる成長と能力発揮の促進を目的として、50歳代前半の社員を対象にシニアセミナーを実施しています。自身の価値観やこれまでの経験から得たスキルを再確認し、将来目指す「ありたい姿」を設計します。研修後の上司面談では、目標に対する具体的なアクションを共有しています。