地域社会とのコミュニケーションに対する取り組み

当社は、「地域との共生」をテーマに、地域の皆様、グループ会社、従業員と良好なコミュニケーションを保ちながら、地域社会の発展に貢献できるよう取り組んでいます。

リスクコミュニケーション

2019年度はCSR地域対話集会が17回目を迎えました。これからも地域の方々との対話を大切に、様々な活動を紹介し、相互理解の場として継続してまいります。

CSR地域対話集会

CSR地域対話集会
CSR地域対話集会

いわき事業所では、クレハグループのCSR活動を地域の皆様にご理解いただき安心して暮らしていただくために、2003年度から毎年「CSR地域対話集会」を開催しています。2019年度は11月15日に開催し、地域の皆様から貴重なご意見、ご質問をいただきました。また今回初の試みとして、発表会社以外のグループ会社もブースを設置して来場された皆様との交流を深めました。今後も、地域の皆様との対話を大切にしながら、社会からより一層の信頼を得られるよう取り組みを強化していきます。

地域の方々とのつながり

事業所見学

「ツアークレハ」技能研修センターでの危険体感教育
「ツアークレハ」技能研修センターでの危険体感教育

いわき事業所に対する理解を深めていただくために、近隣の方々を中心に積極的に見学を受け入れています。2019年度は、いわき市内外から36件952名の方々にご見学いただきました。
毎年恒例の「ツアークレハ」は、従業員家族を招待して行う事業所見学です。技能研修センターでの危険体感教育や、家族が働く職場を間近で体験しました。2019年度は、22家族67名が参加しました。

オールクレハスポーツフェスティバル

オールクレハスポーツフェスティバル
オールクレハスポーツフェスティバル

クレハグループ各社の従業員とその家族の親睦および地域の皆様との交流を深めることを目的として開催しているこの大会は、2019年度で第18回目を迎えました。近隣地区役員、商店会、勿来地区小・中学校の皆様などの、招待者をはじめ、約2,000名の参加となりました。

いわきおどり勿来大会

いわきおどり勿来大会
いわきおどり勿来大会

「いわきおどり」は1960年(昭和35年)に誕生以来、いわき市の夏の風物詩として踊り継がれています。2019年度もいわき事業所をはじめクレハグループ各社も一市民として参加しました。地元企業や団体、学校、サークルなど21チーム1,124名の方々とともに、楽しく踊りました。新入社員を中心に、幹部社員も加わり、地域の方々との交流を図りました。

樹脂加工事業所の取り組み

柏原地区 クリーン大作戦
柏原地区 クリーン大作戦

柏原地区では、年2回、清掃ボランティアとして労使共催の「クリーン大作戦」を行っています。2019年度は、5月の清掃は雨天中止となってしまいましたが、10月には休日に家族も参加して28名がウォーキングを兼ねた国道沿いの清掃を行いました。また、8月の「ふれあい夏祭り」と1月の「とんど焼き」などの地域自治会の行事に参加して、地域の方々と交流を深めました。2015年度から始めたエコキャップ回収運動は、16kgを丹波市国際交流協会に寄贈しました。