ニュースリリース

2011年12月20日

当社子会社(株式会社クレファイン)における法令違反に対する略式命令について

 当社子会社の株式会社クレファインが製造・販売する特殊炭素材料を混ぜたプラスチック成型品(商品名「クレファイン」)の輸出業務に関し、2009年に少額特例を利用した不正な手続きがあったとして、12月7日に外為法違反の容疑で書類送検を、関税法違反の容疑で告発をされておりましたが、本日、株式会社クレファインおよび当該元管理部長が略式命令を受け、両名とも罰金(株式会社クレファインが50万円、当該元管理部長が20万円)を即日納付いたしました。

 株式会社クレファインが2008年9月に当社から分社する以前においては当社が「クレファイン」の製造・販売を行っており、当該元管理部長が当社で「クレファイン」の輸出手続きを行っていた2006年から2008年に同様の法令に違反した手続きがあったことは社内調査で確認しており、当社でのかかる法令違反発生の事実、ならびに株式会社クレファインおよび当該元管理部長が略式命令を受けたことについて、当社はこれを厳粛に受け止めております。

 当社は、当社および当社子会社の輸出管理体制が不十分であったことを深く反省し、当該管理体制の強化に努め再発防止を図るとともに、当社グループにおけるコンプライアンスの実践を徹底し、適正に業務を遂行する体制の確保に注力してまいります。

 当社グループのお取引先様および関係の皆様ならびに当社の株主の皆様には、ご心配とご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。