熱膨張性マイクロカプセルクレハマイクロスフェアー

クレハマイクロスフェアー

クレハマイクロスフェアーとは?

  • クレハマイクロスフェアーは、熱膨張性マイクロカプセルと呼ばれる微粒子タイプの発泡剤です。
  • アクリル系樹脂の内部に発泡成分(炭化水素)を内包しており、加熱により外殻樹脂が軟化するとともに、発泡成分の圧力が上昇し、急激に体積膨張が起こります。
  • 発泡開始温度(Tstart)より徐々に発泡を開始し、最大発泡温度(Tmax)で膨張のピークを迎えますが、その後加熱を続けると、発泡成分が抜けることにより収縮していきます。
  • クレハマイクロスフェアーは、汎用プラスチックからエンプラまでの加工温度帯に適したグレードをラインナップしており、特に高温領域でも発泡可能なグレードを有している点が特徴です。
  • 自動車部品(天井材、グラスランチャンネル、ウェザーストリップ)、靴底、発泡インキ、壁紙、熱剝離テープ、人工皮革、3Dプリンターなど幅広い用途に応用されています。

クレハマイクロスフェアーの特徴

  • クレハマイクロスフェアーは、加熱により50~170倍に体積変化が起こります。
  • そのため、軽量化、成形性改善 (ヒケ防止)、断熱性、吸音性などの効果を付与することが期待されます。
  • 微粒子タイプの発泡剤のため、比重のコントロールが容易であること、独立気泡が保持されること、気泡径が小さいこと、発泡箇所の偏在が起きにくいことが特徴です。
  • また、微粒子であることから、樹脂だけでなく、繊維や塗料など、ガス透過性の高い素材において発泡可能であることも特徴の1つです。
  • 発泡前

  • 発泡後

クレハマイクロスフェアーの発泡

  • (A)樹脂中での発泡

  • (B)塗料の発泡

  • (C)繊維の発泡

主要グレード紹介

シリーズ グレード 粒子径
(μm)
発泡後の粒子径1)
(μm)
発泡倍率 発泡開始温度
(℃)
最大発泡温度
(℃)
H H750 15~25 60~100 50~65 120~160 160~170
H850 30~45 155~225 125~155 120~135 170~185
H880 20~35 85~135 55~70 135~160 175~185
S S2340 15~25 70~140 100~170 170~190 230~245
S2640 15~25 70~140 100~170 190~215 250~265
特殊 H1100-S
(熱処理前)
40~55 - - 170~225 -
H1100-S
(熱処理後)
145~210 45~702) 145~160 175~195

1) 発泡倍率から計算
2) 熱処理後(150℃, 5min)

  • クレハマイクロスフェアーは、加工温度に応じて、H, S, 特殊の3シリーズをご用意しております。
  • Hシリーズは160~190℃での発泡に適しています。
  • Sシリーズは190℃以上の高温域での発泡が可能であり、エンプラやエラストマーの発泡成形に適しています。
  • 発泡方法に特徴があるものを特殊シリーズとしています。
注意事項
  • 本ホームページに記載されている数値は、当社の測定結果に基づく代表値であり、保証値ではありません。
  • ご使用にあたっては、目的、用途に対応する法規制、製品の安全性等の確認を行ってください。
  • 製品の安全な取り扱いのために、安全データシート(SDS)を必ず事前にご確認下さい。SDSのご依頼は、お問い合わせフォームよりお願い致します。
  • 本ホームページに記載された情報は、特定の条件に基づいて得られた結果であり、当社材料のご使用により、同様の結果が得られることを保証するものではありません。

お問い合わせ先