ニュースリリース

2015年08月05日

炭素繊維成形断熱材「クレカFR」等 炭素繊維製品の価格改定について

株式会社クレハ(本社:東京都中央区、社長:小林 豊)は、成形断熱材「クレカFR」をはじめとした炭素繊維製品の価格改定を実施いたしますので、お知らせいたします。

 当社は、石油ピッチ系の炭素繊維を使用した高温熱処理炉用断熱材「クレカFR」の製造販売を行っており、グローバルに事業を展開しております。
 これまで炭素繊維の断熱材市場は、半導体や太陽電池のシリコンインゴット結晶装置および一般熱処理用工業炉向けに成長を続けてまいりましたが、近年の新規設備投資需要の減退から低迷が続いており、今後も劇的な需要の回復はないものと認識しています。
 当社におきましても、各炭素繊維製品の品質向上ならびに生産体制の見直しを含めたコストダウンに鋭意取り組んでおりますが、原材料価格の持続的上昇および更なる高性能化に向けた開発コストの増加ならびに今後の需要見通しから、現行価格での販売を継続することが不可能な状況となりました。
 つきましては、今後の安定供給のためにも、今般、各炭素繊維製品の販売価格を改定することといたしましたので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。



1. 対象製品
炭素繊維成形断熱材「クレカFR」およびその他の炭素繊維製品

2. 価格改定幅
現行価格比20%~50%以上
(「クレカFR」については加工度等により改定幅が異なります)

3. 改定時期
2015年8月6日受注分より