ニュースリリース

2011年05月31日

炭素繊維「クレカ」 の価格改定について

  株式会社クレハ(本社:東京都中央区、社長:岩﨑 隆夫)は、原燃料価格の上昇による炭素繊維製品の価格改定を行うこととしましたので、お知らせいたします。

 当社は、石油ピッチ系の炭素繊維およびその加工品のサプライヤーであり、その断熱性、摺動性(※)などの特徴を活かした用途でグローバルに炭素繊維事業を展開しております。
  昨今の原油・ナフサ、石炭等の原燃料価格の上昇により、収益状況は厳しさを増しております。  当社におきましても、鋭意コストダウンに取り組んでおりますが、引続き製品およびサービスの品質を維持し安定した供給をしていくためには、販売価格の改定についてお願いせざるを得ない状況にあると認識しております。
  つきましては、下記の通り価格改定を実施致したく、需要家の皆様におかれましてはなにとぞご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
  なお、震災後停止しておりました炭素繊維製造設備は、4月下旬より順次稼働を再開しております。


【対象製品】
炭素繊維製品“クレカ”各種
・炭素繊維断熱材“クレカフェルト”
・炭素繊維成形断熱材“クレカFR”
・炭素繊維短繊維“クレカチョップ”
・炭素繊維撚糸“クレカヤーン”
・炭素繊維織物“クレカクロス”
・その他関連製品  

【価格改定幅】
現行販売価格に対して15~30%アップ

【改定時期】
2011年6月受注分より


※ 摺動性~接触する素材間での摩擦・磨耗の性能。ここでは滑りやすく磨耗しにくい特性。 
   
                                                         以上                        

<本資料のお問合せ先>

株式会社クレハ 広報・IR部    TEL  : 03-3249-4651