クレハ合繊株式会社

代表取締役社長 平野 政弘
代表取締役社長
平野 政弘

「Always the best」を心がけ、「伸びるところを伸ばす」のテーマを実践し、さらなる成長と社会貢献を目指してまいります。

2020年度 CSR重点目標

  • 働く人の安全の確保と新型コロナウイルス感染拡大の防止

活動状況

当社は、経営理念である「Always the best」を実践し、企業の社会的責任に取り組んでいます。
2021年1月より、新規設備として釣糸製品自動加工ラインが稼働を始めました。当社としては、産業用ロボットを複数台組み合わせた大がかりな設備の導入は初めてであり、産業用ロボットと付帯機器との連携動作に重点を置いてリスクアセスメントを行い、改善を図りました。
また、新型コロナウイルス感染拡大の防止策として、マスクの着用、アルコール消毒の徹底はもとより、Web会議、在宅勤務を活用しています。マネジメントシステム更新審査においては、リモートシステムで実施し、「三密」回避に取り組みました。コロナ禍の完全終息まで気を緩めることなく、感染拡大防止に取り組んでいきます。

  • 釣糸製品自動加工ライン
    釣糸製品自動加工ライン
  • マネジメントシステム更新審査(リモートによる工場内視察)
    マネジメントシステム更新審査
    (リモートによる工場内視察)

会社情報の詳細とパフォーマンスデータは、データ集に記載しています。