医療での地域貢献

呉羽総合病院

呉羽総合病院は、1935年に昭和人絹(株)錦工場(現在のクレハいわき事業所)の付属診療所として開設されました。1951年からは従業員だけではなく地域の皆様もご利用いただけるようになり、1972年に現在の社団医療法人呉羽会「呉羽総合病院」として独立しました。いわき市南部の中核病院として地域に密着し、病を看るだけでなく、痛み、症状緩和を含めた質の高い全人的医療の実践に取り組んでいます。また、1983年には院内に「健康管理センター」を開設し、一般健康診断の他、現在は、地域、受診者ニーズに合わせ、最新の医療機器を用いた各種検査を実施しています。さらに、いわき市の介護行政の一翼を担うため、2008年に介護老人保健施設「ガーデニア」を病院に隣接して開設しました。医師による指導のもとで、看護および介護のケア、そして専門スタッフによるリハビリテーションを行っています。呉羽会は「医療と介護、健康管理を通じた地域への貢献」を基本方針とし、これらを実現をすることで、安心して暮らせる町づくりと地域の発展を目指しています。

  • 介護老人保健施設「ガーデニア」
    介護老人保健施設「ガーデニア」
  • 呉羽総合病院
    呉羽総合病院